記事一覧

ペテルマン・ベダ - まだ20代の2人が設立した新進気鋭ブランド

その後しばらくは、当時はブランドを立ち上げたばかりだったということもあり、カタログ品と言ってシンガポールに持ってきていたモデルも一歩下がって考え直し、ロゴやそのモデルのデザインから、どっしりと時計ブランドとしてのビジョンを固めていたようである。

彼らはこの一作目を「第一章」と呼ぶ。すなわち、私がシンガポールで見たものは、今となっては、あくまでも「前書き」であり、この第一章から本格的に始まって、次々と新しい章を書き加えていく、という意味である。


ムーブメントは、シンガポールで見た作品に使ったものと同じ機構である。日本、また英語圏の一部では主にジャンピングセカンド (Jumping Second)と呼ばれる。スーパーコピー時計その他の地域では、デッドビートセカンド (Dead Beat Second、仏語ではSeconde Morte)、とも呼ぶ。彼らには、才能もあっただろうが、運命的な出会いにも恵まれていた。オーデマ・ピゲ (Audemars Piguet) やリシャール・ミル (Richard Mille) のムーブメントデザイン・製作でおなじみの「ルノー・エ・パピ (Renaud et Papi)」の「ルノー」氏のアトリエの隣にアトリエを借りることができたのである。最初は、ルノー氏が「手伝ってほしい」とアプローチし、その後彼らの最初のムーブメントのデザインや、素材・材料・パーツの調達先など、いろいろ助言を得ることができた、とのこと。


タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 クロノグラフ
Ref:CBK2116.BA0715
ケース径:41mm
ケース素材:ステンレススティール
防水性:100m(10気圧)
ストラップ:ステンレススティール製ブレスレット
ムーブメント:自動巻き、Cal.16、約42時間パワーリザーブ
仕様:時・分・秒表示、クロノグラフ、ブラック マザー オブ パール ダイヤル
限定:日本限定500本

彼らが目指すのは、先人たちの時計作りの技術及び熱意・精神と、現代の時計デザインとを融合させることだという。そして、そんなデザインに練り直して出してきたこの、「1967」というモデルがその「第一章」なのである。

それでは、満を持してデビューした「1967」を見て欲しい。ロゴをはじめ、ケースやダイヤルデザインは大きく変更されている。割と「大人しい」プロトタイプの文字盤よりも、かなり「多弁」になったのがわかるだろう。タグホイヤー 時計 カレラこれが彼らのブランドビジョンを固めた上での正式な「第一章」である。当時言った「AHCI以外では一押し」という私の言葉には、今もブレはない。

【関連記事】:topkopi.本日の最新ファションブランド

「垂り雪(しずりゆき)」を文字盤で表現したグランドセイコー限定モデル

グランドセイコーは、信州で見られる幻想的な冬景色「垂り雪(しずりゆき)」をデザインテーマにしたスプリングドライブムーブメント搭載モデルを、11 月6 日(土)よりグランドセイコー ブティックで先行発売する。ロレックス腕時計ラクマ全世界で60 本の数量限定となり、グランドセイコーサロンでは2022 年1 月14 日(金)からの発売となる。



ロレックス × シュプリーム 注目コラボ偽物★文字盤には真紅で「シュプリーム ボックス ロゴ」2色 114060E

ムーブメント:自動巻き
本体サイズ(直径): 40mm
型番:114060E
文字盤には真紅で「シュプリーム ボックス ロゴ」
背面部分に「シュプリーム」ロゴ刻印
機能:デイト表示、3針

18K ピンクゴールドのケースには、「信州 時の匠工房」の熟練した職人が手作業で53 個のダイヤモンドを丁寧にセッティングする。ダイヤモンドは、ケースの中心からラグの先に向かって徐々に小さくなるように配置し、更にダイヤモンドのトップを揃えることで、美しく流れるような輝きを放つのだ。ブラウンカラーをベースに凹部に黒色を入れたアンティーク調のクロコダイルストラップは、職人によるハンドステッチで仕上げている。また、「垂り雪」の世界観を一層引き立てる、サテン調のストラップも付属した特別仕様である。

機械式時計と同様にぜんまいのほどける力を動力源としながら、IC と水晶振動子により正確に精度を制御するセイコー独自の駆動機構。電池が不要であること、温度変化や衝撃・振動など外部環境の影響をほぼ受けない安定した時間精度、さらに、流れるように滑らかな秒針の運び(スイープ運針)が特徴。本作では「信州 時の匠工房」製のスプリングドライブムーブメントで、ひとつ香箱のなかに、2 つの動力ぜんまいを用いたデュアル・スプリング・バレル機構によって72 時間のパワーリザーブを実現する、キャリバー「9R31」を搭載している。

【関連記事】:2021年新品腕時計情報

細めの手首のためのロイヤル オーク新作モデル

ラルフ&ルッソのプレタポルテコレクションに登場するのは、オーデマ ピゲが細めの手首に合わせて考案した34ミリのロイヤル オーク最新モデルです。ステンレススティールと18Kピンクゴールドを用いた、スタイルの異なる4モデルのラインナップとなっています。



18Kピンクゴールドモデルには、ダイヤモンドがセットされたベゼルとシルバーカラーのギヨシェ彫り「グランド・タペストリー」模様のダイヤルが採用されました。ロイヤル オークのトレードマークのひとつであるダイヤルのギヨシェデザインは、複雑な製作工程から生み出されますが、現在では時計学校で教えられておりません。
1970年代に歴史を遡る彫刻盤が、型版と同じモチーフを再現することで、ダイヤルの薄い金属の地板に小さな正方形が彫り出されていきます。なめらかな「織り模様」のように、正方形を区切る細い溝に小さな菱形が同時に切り出されることにより、タペストリーのようなデザインが生まれます。高度な技巧と正確性が必要とされる工程です。

ステンレススティールの2モデルには、シルバーカラーまたはブルーグレーの「グランド・タペストリー」模様のダイヤルが採用されています。ブルーグレーダイヤルのモデルには、さらにダイヤモンドがセットされたベゼルが合わせられています。


また、ステンレススティール製のケースとブレスレットに18Kピンクゴールド製のベゼルとブレスレットのコマを組み合わせた、エレガントなコンビカラーモデルも登場しました。このモデルには、シルバーカラーの「グランド・タペストリー」ダイヤルが採用されています。



新しい自動巻きムーブメントであるキャリバー5800と、この34ミリモデルのために特別に開発されたローターが搭載された4モデルが加わることにより、自動巻きとクォーツのロイヤル オークコレクションがさらに充実することになります。

【関連記事】:https://huigef010.wordpress.com/

オメガ 2022年新作「シーマスター ダイバー300M ネクトン エディション」を発表~海を守る使命をもったダイバーズウォッチ

オメガは、世界の海洋保護と管理に取り組む非営利研究団体であるネクトン(Nekton)のパートナーであり、ネクトンの活動を強力にバックアップしています。オメガ時計 メンズ そして今回、ネクトンのパートナーシップを象徴するタイムピースとして、「シーマスター ダイバー300M ネクトン エディション」を発表しました。


ネクトンのミッションは最先端技術と熱心な民間の支援によって成り立っています。オメガ社 社長兼CEOのレイナルド・アッシェリマンは、ネクトンとオメガ社の共通性を見出し、ネクトンの活動に対して大きな敬意を払ってきました。



「我々の友人であるネクトンの人々は、全世界で海洋の保護活動を進めており、2030年までに30%の保護に貢献することを目標としています。長い歴史とパイオニア精神を持ったブランドでありこれまで可能性の限界に挑戦し続けてきたオメガは、大胆で自信に溢れたビジョンを持つネクトンを尊敬しており、彼らの目標達成を後押しできることを大変嬉しく思っています。」  
と述べています。

今回のネクトン エディションは、マット仕上げのブラックセラミック[ZrO2]製ダイアルにポリッシュ仕上げの “ポジティブ レリーフ”で波部分を盛り上がらせています。そして、巧みなレーザー加工によって“ポジティブ レリーフ”のダイビングスケールをあしらったグレード5チタン製の逆回転防止ベゼルが特徴です。



この調査潜水艇は、オメガ時計 メンズ 人気世界一周を成し遂げた伝説的なヨットマンで海洋保護の熱心な支持者であり、オメガの良き友人でもあったピーター・ブレイク卿が船長を務めた船である”シーマスター号”へのトリビュートとして “シーマスター 2”と名付けられたという由来があります。


【関連記事】:2022年春夏のトレンドバッグ、いかがでしたでしょうか?

ヴァシュロン・コンスタンタンのレディースコレクション、ゴールドをまとう

ゴールドをまとう「エジェリー・オートマティック」が “オート・マニュファクチュール”の世界に仲間入り


ヴァシュロン・コンスタンタンの時計のミューズに18K(5N)ピンク ゴールドで作られた新しいしなやかなブレスレットが手元を優雅に飾る魅力的なバリエーション・モデルが登場します。パネライ 時計 メンズダイヤモンドが優美に引き立てる35mmのピンクゴールド・ケース、布地のプリーツを思わせるタペストリー模様を配したダイヤルにオフセットされた日付表示、手首にぴったりフィットして第二の肌のような効果をもたらすメッシュスタイルの滑らかなピンク ゴールド・ブレスレットなど、ゴールドをまとうこの「エジェリー・オートマティック」は、デイタイムからイブニングの装いにも理想的にマッチして、人を引き付ける贅沢な魅惑を放ちます。



第二の肌のように滑らかなブレスレット
今年のはじめに登場したヴァシュロン・コンスタンタンのレディス・ウォッチのコレクションは、「エジェリー・オートマティック」の新たなバリエーション・モデルによって一段と充実しました。
コンテンポラリーな感覚を大胆に表現しながらクラシックの心地よさも備わる「エジェリー」は、18K(5N)ピンクゴールドのブレスレットを組み合わせて絶妙なカーブを描きます。しなやかで心地よく、第二の肌のようにソフトで、肌にレザーのような感触をもたらすブレスレットは、女性の手元をどこまでもエレガントに彩り、着けていることも忘れてしまいそうです。



すべてゴールドに包まれたこの時計は、今の時代精神を映し出し、スーパーカジュアルからウルトラフォーマルに至るまで、あらゆるファッションや場面に完全にフィットする魅力的な要素で構成されています。


非常にスタイリッシュなルック
オートクチュールの世界とヴァシュロン・コンスタンタンの歴史遺産から受け継がれる洗練された美的デザインに想を得た「エジェリー・オートマティック」には、コレクションの独特なスタイルが表現されています。
18K(5N)ピンクゴールドによる新しいブレスレットへと途切れなく続く同じく18K(5N)ピンクゴールドのケースは、直径35mmの控え目なサイズで、その小石のようなシェイプを58個のダイヤモンドが縁取ります。



シルバーオパーリン仕上げのダイヤルは、特徴的な“プリーツ”模様が歴史的なタペストリー技法を利用して作り出されています。そこには、1904年に遡るパントグラフを模した機械を使い、ギヨシェ彫り職人の熟達の応用技術によって刻まれた、貴重な布地を思わせるテクスチャーと立体感が繊細に表現されています。

【関連記事】:ファッションエンタメニュース

フランク ミュラーが日本国内初のオンラインブティックを開設

フランク ミュラー
日本国内初のオンラインブティックを開設

フランク ミュラーは、日本国内専用のオンラインブティック「FRANCK MULLER e Boutique」を開設いたしました。FRANCK MULLER e Boutiqueでは、フランク ミュラーの数多くある革新的なモデルの中から厳選された時計などの宝飾品やコラボレートした伝統工芸品といったIPPIN(逸品)をご用意しております。通常の店舗では取り扱われず、オンラインブティックのみで限定販売される珠玉の品です。

FRANCK MULLER e Boutique開設に合わせて時計の「ヴァンガード 7デイズ パワーリザーブ スケルトン “グリーン”」と、伝統工芸品のBANKOが発売されます。

【ヴァンガード 7デイズ パワーリザーブ スケルトン “グリーン”】
フランク ミュラーの新たな “時” のコンセプトを基に、フランク ミュラー ウォッチランド社の高度な技術力と先進のテクノロジーを駆使し、約7日間の長時間駆動を可能にした究極の手巻き式腕時計です。
グリーンは、7デイズ パワーリザーブ スケルトンシリーズ初のカラーリングとなります。腕時計のラインアップには、カラーダイアル(色付きで仕上げられた文字盤)が存在しますが、全体の数%でしか作られていない貴重なモデルとなり、中でもグリーンは、特に珍しい彩色のためフランク ミュラーのコレクターに向けて作られた逸品となります。


リファレンス:V45S6SQTJ ACVE
ムーブメント:手巻き
表示:時、分、6時位置にスモールセコンド
パワーリザーブ:約7日間
ケース:ステンレススティール
ケースサイズ:縦53.70 mm ×横44.00 mm × 厚み12.80 mm
シリアルナンバー:00
価格:4,300,000円(税抜)

【フランク ミュラー×BANKO】
伝統と革新を重んじるフランク ミュラーのものづくりと共鳴し、日本の伝統工芸品である萬古焼とのコラボレーションが実現しました。萬古焼の名家“醉月窯”にて作られた花器、茶器、菓子皿、急須、湯呑みは、名人陶工達の最高技術が投下された工芸品です。
外観にある金彩や銀彩、そしてフランク ミュラーを象徴とするダイナミックな数字のデザインが融合することで、日本の伝統文化に新たな光を当てています。時をテーマに彩るフランク ミュラーの世界観と共に、至高の逸品で豊かなひと時をお過ごしください。

【関連記事】:https://daoxganbe.wordpress.com/

フランク ミュラーが ストラップキャンペーン 「Time for Color」を開催

フランク ミュラー正規取扱店舗にて、フランク ミュラー レディースウォッチをカラーストラップでお楽しみいただく期間限定「Time for Color」ストラップキャンペーンを開催いたします。タグホイヤー コピーキャンペーン期間中に対象商品をお買い上げの方へ、お取替え用ストラップを1本プレゼントいたします。

遊び心あふれるデザインと華やかな色彩で、美しい時を刻むフランク ミュラーのレディースウォッチ。愛する時計をバリエーション豊かなストラップで彩れば、人生におけるひとつひとつの時が輝きます。

ぜひこの機会に、フランクミュラー 時計 ダイヤ愛する時計をバリエーション豊かなストラップで彩って。
※掲載写真は対象商品の一部です。


ケース : 直径43㎜ 厚さ12㎜ ステンレススティール、24時間表示のセラミック製回転ベゼル
ガラス : サファイヤクリスタル
ムーブメント : 自動巻き(ML165)、毎時28,800振動(4Hz)、42時間パワーリザーブ、25石
機 能 : 時・分・秒・第二時間表示、3時位置に日付表示
防水性 : 30気圧
ダイアル : ブラックのサンブラッシュ仕上げ/インデックス ブラックプレートにスーパールミノバ加工/針 ロジウムプレートの時針・分針・秒針 レッドのGMT針にホワイトのスーパールミノバ加工
ブレスレット : ステンレススティール製5連ブレスレット/ブラックラバーストラップ付属/イージーチェンジャブルシステム


バックル : ステンレススティール製フォールディングバックル
発売時期 : 2021年3月
価 格 : 285,000円(税別)

【関連記事】:人気新作腕時計が発表され、新商品が発売されました。

伊勢丹新宿店にてオーストリアの実力派独立時計師<Habring2/ハブリング2>のコレクションを展開

2004年にリチャード・ハブリングが妻のマリアと共に設立したオーストリアの独立系時計メーカー〈Habring2/ハブリング2〉。彼の有名時計メーカーの技術顧問として培われた技術、知識、審美眼は世界的に高く評価されており、それは彼らの生み出す時計が年に1回開催されるGPHG(ジュネーブ時計グランプリ)の部門賞を4度にわたり受賞していることからも証明されています。


SSケース、直径:38.5㎜、約45時間パワーリザーブ、3気圧防水、手巻き

ハブリング2の代表作の一つに、機械式時計でありながら秒針が1秒ごとにステップ運針する「ジャンピングセコンド」という機能を搭載したモデルがあります。タグホイヤー 時計 モナコ現在でこそ技術力を謡う有名メーカー数社が採用している機構ですが(メーカーによって機構の呼称がデッドビートセコンド、トゥルービートなど様々あります)、ほとんどこの機構が注目を浴びていなかった2005年にレギュラーモデルにラインナップされていたことからも彼らの高度な技術力と先見性がうかがえます。

そして、上記のモデル「フドロワイヤント フェリックス」は9時位置のインダイヤルにご注目ください。


9時位置のインダイヤルは「フドロワイヤント」と呼ばれる機構で、1/8秒ごと(ムーブメントの振動数に準じます)にステップ運針し1秒で1周する機能を指します。一般的にはクロノグラフと組み合わされ1秒未満の計測をする役割が多い機構ですが、こちらのモデルでは時分秒の3針モデルと組み合わされており、常に1/8秒ステップの動きだけでなく、同時にジャンピングセコンドの動きも楽しむことが出来るのです。

このような複雑でユニークな機構が100万円を切る価格でレギュラーコレクション化されているメーカーは現時点でハブリング2の他に存在していません。デザインがシンプルで控えめな時計な為、写真だけで判別するのは難しいものの、実はとんでもないことをサラリとやっていることがこのメーカーの真骨頂と言えます。

他にもハブリング2には、彼らならではの視点で作られた魅力あふれるモデルがたくさんあります。ぜひ店頭にお越し頂いてそれらをお手に取ってご覧いただき、彼らの時計哲学に触れて頂きたいと思います。

【関連記事】:http://iuiushop.top/

ショパール 「ハッピースポーツ」~伝説となったアイコンの物語」

ハッピースポーツ~伝説となったアイコンの物語


ハッピースポーツ、それは大胆さと無限の創造性に駆り立てられた若い女性の天才的着想。1993年、キャロライン・ショイフレが初めて発表したハッピースポーツは、作品そのものに時代のあらゆる変化を宿し、現代の女性たちが目指すジョワ・ド・ヴィーヴル=生きる歓びと自由なスピリットを体現しています。誰もが認めるファッション&ウォッチメイキングのアイコンとなったハッピースポーツコレクションは、ムービングダイヤモンドが披露する魅惑のダンスを一貫して追求してきました。次々に誕生する多彩なモデルは、あらゆる世代を魅了し、時を見つめる新たな方法を提案します。伝説となったウォッチメイキング、その真の物語を振り返ります。

若きクリエイターの大胆な発想
若くしてショパールを輝かせた女性。最初の大きな転換は、彼女自身が手掛けたクラウンペンダントのデザインで、ファミリーメゾンをジュエリーメイキングの世界に引き込んだことです。最初の傑作で創作活動を始めたキャロライン・ショイフレは、現在、共同社長とアーティスティック・ディレクターを務めています。1990年代初頭、“気まぐれな時計”というアイディアを基に、上品でありながらカジュアル感を兼ね備えた外観、テニスコートにも、街でのビジネスランチやイブニングパーティにもぴったりなウォッチをデザインします。キャロライン・ショイフレは両親が発表したムービングダイヤモンドのコンセプトを独自に取り入れます。 “解き放たれたダイヤモンドは、より幸せそうね”―1976年、コレクション初のプロトタイプに目をとめたキャロライン・ショイフレの母は感動の声を上げました。ハッピーダイヤモンドコレクションの誕生です。


両親が発表した「ハッピーダイヤモンド」 ー ダイヤモンドは文字盤の周りのスペースでのみ自由に動けた。

ハッピーダイヤモンドウォッチのように、ケース周囲にムービングダイヤモンドを自由に舞わせる代わりに、キャロライン・ショイフレは文字盤上の2枚のサファイアクリスタルの間にダイヤモンドをセットすることを決めました。「そんなことは到底無理だろう!」と反対したアトリエの責任者の一人は続けます。「キャロライン!もしもこの時計を売ることができたなら、時計1本に対して、バラの花1本を贈るよ。」 この言葉で決意は固まりました。“ノー”は答えではないと常々考えてきた彼女には十分だったのです。キャロライン・ショイフレは奔走し、このアイディアを実現性のあるプロジェクトへと変貌させます。課題は、例えば、ムーブメント、文字盤、針、2枚のサファイアクリスタル、そして数個のムービングダイヤモンド―極端に厚みがでないよう、どのように作り出せるか。

その答えは1993年に発表され、人々を大いに驚かせます。時計製造史上初となる、スティールとダイヤモンドを組み合わせた時計には、しなやかで快適な「ガレ」リンク ブレスレットが添えられ、ラグとリューズにセットされたカボションカットのサファイアは、端正なブルーの針と対を成していました。極めつけは、白い文字盤の上に放たれた7つのムービングダイヤモンド。繰り広げられる情熱的なダンスに、めくるめく人生を思わずにはいられません。



スポーツ・シックの起源であり、新たなアイコンにふさわしい名を冠したハッピースポーツの誕生です。メディアに喝采の声で迎えられ、製品は人気を博します。そして、あのアトリエ責任者は、販売点数につきバラ1本と見積もっていたものの、最終的にはバラの木を共同社長に贈ることとなりました。現在、ショパールブティックに来店する女性が自分へのご褒美に最初のハッピースポーツを購入するとき、自身の母や祖母が身に着けていたモデルをイメージしているのを見て、キャロライン・ショイフレは豊かに開花したバラの木のことを楽しい気持ちで思い浮かべます。興業的に失敗すると言われたウォッチは大成功を収め、発表当時からあらゆる世代の女性たちを魅了し続けています。

【関連記事】:ミニ財布が人気のCHANEL!なかでもBOY CHANELのシリーズからはニューカラーが続々とお目見え。

ロンジン ダイバーズキャンペーン 開催のお知らせ

スイスのウォッチブランド、ロンジンがその長い歴史に裏打ちされたダイバーズウォッチをご紹介するキャンペーンを5月22日より6月末まで、全国の正規取扱店で開催いたします。

190年近くの長い歴史を有するロンジンは、その中で数多くの先進的な機能を備えたタイムピースを生み出してきました。スーパーコピー時計高い技術が求められるダイバーズウォッチもそのひとつです。

それらの歴史に裏打ちされた信頼性と現代の最新技術とデザイン性を兼ね備えたダイバーズウォッチをご紹介したく、ロンジン ダイバーズ キャンペーンを開催する運びとなりました。

海の世界においても、数々の海洋探索の歴史を刻むロンジンの時計。

尽きることのない海へのロマンを湛える新色ブルーが加わった「ロンジン レジェンドダイバー」をはじめ、さらにバリエーションが充実したダイバーズシリーズの時計をご紹介いたします。

是非この機会に、店頭まで足をお運びください。

【概要】
ロンジン ダイバーズ キャンペーン
[期間]:5/22 (土)~ 6/30 (水)
[対象店舗]:全国のロンジン正規取扱店
※ および ロンジン公式オンラインブティック  ※本キャンペーンに参加していない店舗もございます。詳しくは店頭にてお問い合わせください。

[キャンペーン内容]:キャンペーン期間中に対象のウォッチをお買い上げのお客様に、ロンジン オリジナルグッズをプレゼント ※数に限りがございます。


メゾンのタイムピース制作は1811年から始まり、今日に至るまで代々と継承されています。今回の作品は、メゾンが最初に制作したジュエリーウォッチの伝統を受け継ぎ、新たなシークレットウォッチとして誕生しました。
古来より繁栄の象徴とされてきた麦の穂は、神々から人間への贈り物と考えられており、収穫や豊饒の女神 ケレースと深い結びつきがあります。タグホイヤー 時計 メンズ皇后ジョゼフィーヌは麦の穂のモチーフをこよなく愛し、メゾンの作品の中で存在感を放つモチーフとなりました。



●「エピ ドゥ ブレ」コレクション シークレットウォッチ

ショーメの特徴である高い技術と細部へのこだわりがふんだんに散りばめられています。
透かし彫りされたスライド式のカバーは、麦のモチーフがそよいでいるように立体的に描かれています。葉の部分はイエローゴールドをブラッシング加工によって艶を押さえ、ダイヤモンドをあしらったポリッシュ仕上げの穂とのコントラストが美しく表現されています。
カバーの隙間から見え隠れする針は麦の葉のような形をしており、動くたびに穂が揺れているような臨場感を楽しめます。

ショーメの創業者 マリ=エティエンヌ・ニトが宝石職人であったことから、金細工はメゾンにとってルーツを感じさせる手法なのです。透かし彫りのカバーから見えるアベンチュリンのダイアルは星が瞬く夜空を想わせ、サテンストラップの色合いと共に奥行きを与えています。
ストラップのバックル部分にはパヴェ ダイヤモンドを施し、シークレットウォッチとしては珍しい30mmのサイズに仕上げました。

【関連記事】:http://makey4short.top

ジャケ・ドロー “生誕300周年記念モデル”、バード・リピーター~ブランド発祥の地へのオマージュを捧げる歴史的限定モデル

創業者ピエール-ジャケ・ドローの生誕300周年記念を記念した、メゾンのアトリエ全ての職人技術を一つの腕時計に集結させた、オートマタとミニッツリピーターが融合した「バード・リピーター(THE BIRD REPEATER)」が世界限定8本で発表されます。文字盤にホワイト マザー オブ パールとブラック オニキスが配置され、18Kレッドゴールド製の彫金細工が施されています。ウブロ時計ラクマ鳥の多彩な動き、卵の孵化、背景の川によって息吹が吹き込まれています。この手作業で彫刻と彩色が全面に施された動きのある壮大なキャンバスは、直径47mmの18Kレッドゴールド製ケースに収められ、高級時計のなかで最も精巧な複雑機構のひとつに数えられるミニッツリピーターの音色を響かせます。


2012年、ジャケ・ドローはブランド初のバード・リピーター(THE BIRD REPEATER) シリーズを発表し、腕時計に革命を起こしました。この高級機械式腕時計のイノベーションは、ひとつのタイムピースにメゾンのアトリエ・オブ・アート(LES ATELIERS D'ART)全ての職人技術を融合させ、ひとつのムーブメントに伝統的な時計製造の美学と世界でも類を見ないオートマタの専門知識を組み合わせました。つまり、3世紀の歴史に彩られたジャケ・ドローの真髄が、現代性を極めたひとつのユニークなクリエーションに閉じ込められているのです。


この記念モデルは、ジャケ・ドローは自然主義の流れを汲んでオートマタに命を宿しています。前景には、スイスの渓谷に生息する、美しいさえずりと人間との近さで知られる、オスとメスのコマドリの番が間近で見ることができます。右側の背景に見える農場は、ただの農場ではなく、300年前にピエール-ジャケ・ドローが誕生した場所を再現したものです。
時分表示の左側には、川が貫く青々とした渓谷。それは他でもない、ラ・ショー・ド・フォンの渓谷を縫うように流れるロンド川。前面にはリンドウ科のゲンチアナが花を咲かせています。


鳥の巣の両側には、ラ・ショー・ド・フォン特有の自然の景色が広がっており、赤い木の実とヒイラギの葉、夏を告げる紺青の蝶のほかに、周囲の環境に生息するさまざまな動物が姿を見せています。強さと闘志を象徴するトンボ、そして、バッタの力強い飛躍力は、変化を恐れず、挑戦し、前進する姿勢を示しています。
それは今日、3世紀に渡り歴史を継承して、芸術と感嘆に彩られた21世紀に目を向けるジャケ・ドローを反映しています。

【関連記事】:毎日大人気商品

セイコーとTVシリーズ放送30周年を迎えた『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のコラボウオッチが300本限定で発売~受注生産商品プロジェクト『animate LIMITED SELECTION』より

受注生産商品プロジェクト『animate LIMITED SELECTION』より、TVシリーズ放送30周年を迎えた『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』のセイコーコラボウオッチが300本限定で発売


株式会社アニメイトは、受注生産商品プロジェクト『animate LIMITED SELECTION』より、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』×セイコーのコラボウオッチの発売を発表いたしました。



『animate LIMITED SELECTION』とは、アニメ・コミック・ゲームの専門店「アニメイト」が様々なグッズメーカーと共同で商品を企画、アニメイトでしか手に入らない高品質な受注生産商品をお客様へお届けするプロジェクトです。

「新世紀GPXサイバーフォーミュラ×セイコー 腕時計 30周年記念モデル(300個限定)」は、TVシリーズ放送30周年を記念した、300個限定の受注生産商品。


主人公・風見ハヤトが運転するアスラーダのインストルメントパネルを落とし込んだ盤面デザインで、12時にはスゴウアスラーダのチームロゴを金属製エッチングプレートでセッティング。そして裏面にはオンリーワンの証であるシリアルナンバーを刻印し、唯一無二のウオッチに仕上げています。


発売は2022年1月を予定、受注期間は8月11日16時~9月29日までです。


【関連記事】:http://exposing.top

「トンダ GT シルバーブラック」~ステンレススティールとローズゴールドケース

シンプルな『トンダ GT』と、より複雑な機構を備えるバージョンの『トンダグラフ GT』は、そのケースのシェイプなどデザインの随所を、2016年発表の『トンダ クロノール アニヴェルセール』から取り込んでいます。パルミジャーニ・フルリエが生み出すすべての時計と同じように、『トンダ GT』コレクションのデザインは、ミシェル・パルミジャーニのゆたかな想像力から生まれた黄金比に基づいていて、より手首に沿うようにアップデートされたしずく型のラグ、ケースと同じ素材と仕上げの一体型ブレスレット、メゾンが開発した初の時計『トリック』から継承される、職人の手で刻まれたモルタージュ装飾が特徴です。ロレックス レプリカダイヤルはとても装飾的ですが控えめな「クル・トリアンギュレール」パターンのギョーシェで飾られ、オープンワークのデルタ型の針はパルミジャーニ・フルリエを象徴するデザインのひとつとなりました。


ディテール
『トンダ GT』のシルバーブラックは、サテン仕上げのステンレススティールまたは18Kローズゴールドの径42mm のケースに、100m の防水機能を備えています。シルバーとブラックのダイヤルは「クル・トリアンギュレール」のギョーシェで飾られ、インデックスはブラックロジウム製。デルタ型の針の先はブラックのコーティングが施され、12時位置の大きな窓に日付が表示されます。



搭載されたエンジン
先行して発売された『トンダグラフ GT』のシルバーブラックモデルと同様に、『トンダ GT』のシルバーブラックモデルも、自動巻キャリバーPF044を搭載しています。ムーブメントはサファイアクリスタルのケースバックから、22Kローズゴールドのローターを透かして眺めることができます。45時間のパワーリザーブを保持し、ブリッジのコート・ド・ジュネーブのような装飾的な仕上げが施されています。すべてのパルミジャーニ・フルリエの時計と同様に、ムーブメントのデザインから製造、装飾、組み立て、仕上げ、ケースに納めるまでをパルミジャーニ・フルリエのマニュファクチュール施設の中で行っています。



パルミジャーニ・フルリエコレクションの中での位置付け
『トンダ GT』のシルバーブラックモデルは、ドレスウォッチが主体であったパルミジャーニ・フルリエの世界の中で、デイリーウェアのシリーズが成長していることを物語っています。タグホイヤー 時計 ゴルフ他のコレクションと比較すると手に取りやすい提案として構想された『トンダ GT』は、メゾンの生み出す美しく傑出なウォッチメイキングを、新しいファンを惹きつける価格帯で提供しています。


【関連記事】:世界的に有名なラグジュアリー関連製品と情報

オーシャン コミットメント バチスカーフ フライバック クロノグラフ限定品発表会を東京にて開催


ブランパンは、代官山蔦屋書店にあるラウンジ Anjin(アンジン)にて、「オーシャンコミットメント バチスカーフ フライバック クロノグラフ」の限定品発表会を行いました。この「オーシャンコミットメント バチスカーフ フライバック クロノグラフ」は、 2014年 10月にフランスのキャップ・ダンティーブで行なわれた「ブランパン オーシャンコミットメント」のお披露目を受けて、日本にてこの日に初めて限定商品が来場者へ披露されました。


  ダイビングと深い関係を持ち、フィフティファゾムスの 60年以上におよぶ歴史的遺産をかかえるブランパンは、海洋保全・保護活動に熱心に取り組んでおります。ブランパンは、環境保全への協力を得るにはもっと深く知っていただくことが大切だと考え、重要なプロジェクトの支援、水中写真、環境フォーラム、パブリックスペースでの展示、出版物の刊行、専用ウェブサイトの開設といった活動により、人々の関心を喚起するよう努力を続けてきました。この様々な分野での取り組みは、「ブランパン オーシャンコミットメント」の名で統合され、オーシャンコミットメントの限定品の発表をはじめ、専用ウェブサイト、そして「フィフティファゾムス ― ダイビングと腕時計の歴史 1953-2013」の刊行がここに含まれます。



会場では、限定商品の発表に続き、ブランパンと共に海洋保全活動に取り組むパートナーが来日し、このゲストスピーカー 3名によるそれぞれの活動についてプレゼンテーションが行なわれました。


<ゲストスピーカー>ローラン・バレスタ:海洋生物学者で水中写真家。学術調査とダイビングの挑戦を兼ね備えた「ゴンベッサ・プロジェクト」を主宰。ブルガリ 時計 メンズ世界 30カ国で海洋生物の探索調査を行ない、 1990年から本格的にテックダイビングを始める。 2013年、「ハンス・ハース・フィフティファゾムス アワード」を受賞。「シーラカンスに出会う」。 2013年にゴンベッサ・プロジェクトにて生きて泳ぐゴンベッサの撮影に初めて成功した、そのときの模様をプレゼンテーション。


ディートマー・フックス: 2014年 10月、ブランパンが「オーシャンコミットメント」と名を統合し、限定品を発表した同時期に刊行された『フィフティファゾムス ― ダイビングと腕時計の歴史 1953‐2013(Fifty Fathoms The Dive and Watch History 1953-2013)』の編集者であり、アートディレクター。「フィフティファゾムス―ダイビングと腕時計の歴史 1953‐2013」。475ページ、そして 5kgにおよぶこの本についての内容についてプレゼンテーション。


二木 あい:水中表現家。 2011年、メキシコで「洞窟で一番長い距離を一息で行く」というギネス世界記録を 2種目樹立。フィンあり 100メートルは世界で女性初、フィンなし 90mは人類初の記録。 2012年、TBSの番組「情熱大陸二木あい」がドイツワールドメディアフェスティバルで金賞受賞。BSプレミアム「プレシャス・ブルー〜カリブ海・クジラの親子を出会う旅」ではマッコウクジラと泳ぎ話題に。人もまた自然の一部であることを思い起こさせる独特の水中表現は世界で注目されている。2011年のフィフティファゾムスの写真集に参加して以来、ブランパンと協力関係にある。プレゼンテーションは「二木あい . 水中表現家として」


  お料理は、ラウンジ Anjinによってブランパンのための特別メニューが用意されました。ワインは、ブランパンが本社を構えるローザンヌからほど近いスイスのラ・コート地区の、白ワインはシャスラー種、赤ワインはガメイ種のものが用意されました。会場には 170名を超えるゲストにお越しいただき、ブランパンウォッチと海の世界で飾られたラウンジ Anjinの空間をお楽しみいただきました。


【関連記事】:http://diesem.top

ファッショナブルでアーバン。グッチ タイムピーシズ & ジュエリー G-フレームの新作を発表

グッチ 2016年春夏 ウィメンズ コレクションより、遊び心あふれる洗練されたムードのスタイリッシュでフェミニンなG-フレームが新たに発表されます。ダブルループ ストラップが組み合わされたこの新しいウォッチは、スポーティからクラシック、アーバンなものまで多彩なデザインで展開されます。


  エッジに傾斜をつけたスクエア ケースとミニマルなスタイルのダイアルが特徴的な新しいG-フレームは、組み合わせるマテリアルによってその印象が変わります。


  グリーン・レッド・グリーンのウェブストライプにインスピレーションを得たスポーティなモデルは、ツートーンのキャンバス地のラップラウンド ストラップとそれにマッチしたダイアルに、イエローゴールドPVDケースで展開されます。鮮やかなカラーのストライプがG-フレームのすっきりとしたシンプルなデザインにフィットし、ダイナミックでスリムな印象を与えます。


ブラウン カーフ ダブルループ ストラップに、ポリッシュ仕上げゴールドPVDケースとマザー・オブ・パール ダイアルが組み合わされたモデルは、クラシックなルックスにシックでフェミニンな魅力が備わっています。対照的に、ブラック ダイアルにスタッズをあしらったブラック ラップラウンド レザーストラップが組み合わされたモデルは、より都会的な美しさが際立ちます。2つのレザー バージョンには、クラスプの横にグッチの新しいビー モチーフが配され、イエローまたはステンレススチールによくマッチしています。


  いずれも12時位置にGUCCIロゴ、6時位置に「SWISS MADE」の刻印が施され、クラウンには「G」モチーフ、ケースバックにはグッチの新しいビーのシンボルが刻まれています。


【関連記事】:業界ニュースをいち早くお届け

ヴァシュロン・コンスタンタンから待望のレディスコレクションが登場!美しきミューズ『エジェリー』

ヴァシュロン・コンスタンタンから、待ちに待った女性向け時計『topkopi 届く』がお目見え
「名門」と謳われる時計ブランドのなかでも、最も古い歴史と伝統を誇るラグジュアリーメゾン、ヴァシュロン・コンスタンタン。時計の真価を知る人々にとっては、性別や国境を越え、「雲の上のブランド」として、強い憧憬を集める存在です。

そんなヴァシュロン・コンスタンタンから、この春、久しぶりに新しいレディスコレクションが登場します。その名は『エジェリー』。至高のエレガンスと時計ブランドとしての矜持が融合した、「“オート”マニュファクチュール」の世界へようこそ!



オートオルロジェリー(Haute Horlogerie=高級時計)とオートクチュール――稀少性や情熱、独創性、そして高度なクラフツマンシップの出合いによって実現する、このふたつの分野。それぞれの専門技術を結び付けることによって誕生した『エジェリー』。
すべての写真を見る >>
世界の女性時計ジャーナリストが心待ちにしていた、ヴァシュロン・コンスタンタンの新しいレディスコレクション!

私自身、長年ヴァシュロン・コンスタンタンの時計を愛用していて、思い入れが深いこともあり、毎年1月に開催されていたSIHH(リシュモングループ主体の新作時計エキシビジョン)で、「今年もレディスウォッチの発表はありません」と言われるたびに、ガックリ肩を落としてきました。

それだけに、この新たなミューズの登場には、世界的に大きな注目が集まっています。

キーワードとなるのは、「"オート"マニュファクチュール」。

スーパーコピー』は、繊細でエレガントなオートクチュールの世界を映した、世界で唯一無二の本格時計の誕生、そう言い切っていいでしょう。


【おすすめの関連記事】:http://yasuda.top

2021新作 スケルトンモデルの誕生25周年を記念して、ハンドワークの粋を極めた「アートピースコレクション」の最高峰モデルが登場。クレドール「GBBD951」


 セイコーウオッチ株式会社が、高級ウオッチブランド「クレドール」の「Art Piece Collection」より、スケルトンモデル誕生25周年を記念した最高峰のモデルを数量限定1本で、2021年6月25日(金)に発売しました。


商品特徴
 クレドールの初代スケルトンモデル「ジラール・ペルゴ 時計」は1996年2月に発売されました。開発されたムーブメントは、表裏両面から時計内部を見ることができるスケルトン専用仕様の「メカニカルムーブメント キャリバー 6899」です。



 当時、ムーブメントの開発にあたり、独自の設計思想に基づき、日本の美しさを取り入れたデザインが目指されました。その結果「風にしなる竹」をイメージした受けや、ムーブメントに美しく「菊」が彫金された特徴的なモデルが誕生しました。さらに1.98mmと国内最高峰の薄型でありながら実用性を備えることで、発売当初より大変な人気を博しました。

 本作は、初代スケルトンモデルへのリスペクトを込めて「竹」からイメージを膨らませ、雪が降り積もる竹林の荘厳な情景をテーマに製作されたモデルです。雪の重みによってしなる竹の緊張感や重なりあう情景が表現されています。竹に積もる雪はダイヤモンドの輝きで、竹の葉や雪の結晶は匠の技を駆使した彫金が生み出すシャープな煌めきで演出されています。テーパーバゲットダイヤモンドをブリッジの曲線に合わせて一石ずつカットし、凛とたたずむ竹の姿が描き出されています。



 またダイヤモンドをセッテイングした加飾パーツは18Kホワイトゴールドを採用し、雪の静謐な風情を表現した彫金加工により、透き通るような輝きを放ちます。

 裏ぶたから見えるムーブメントの彫金は、初代モデルで採用した「菊」のモチーフを継承しつつ、一層繊細で優美に見えるようデザインを再編集した「菊小紋(きくこもん)」が全面に施されています。

 時計にあわせて銀色の箔を貼り込んだKYOTO Leather®(京都レザー)のミシシッピアリゲーターストラップ(老竹色)が、凛とした佇まいを一層引き立てます。

【おすすめの関連記事】:http://michqmq.top

カシオ(CASIO) 機構も価格もまさに規格外!の新作クロノを徹底解説


ほっそりとした針やバーインデックスを採用しており、ミニマムなデザインが魅力の腕時計。ブラックの文字盤にポイントカラーのゴールドが映えています。

ケースやバンドの素材は樹脂で、着け心地は軽やか。さまざまなコーディネートに溶け込みやすく、使い勝手に優れています。装着したままでも手洗いができる、日常生活用防水仕様です。



ブラックを基調とした落ち着きのあるカラーリングで仕上げられた腕時計。ホワイトのアラビアインデックスを採用しており、時刻を読み取りやすいのが魅力です。

中心部だけ素材感の異なる文字盤がデザインのアクセント。ケース・バンド・風防の素材は樹脂で、軽やかな着け心地を楽しめます。カジュアルなコーディネートと相性のよい腕時計を探している方におすすめです。



スタッズ状の優美なインデックスがあしらわれた、装飾性のある腕時計。文字盤にはメイプルリーフを思わせる文様を並べて配しており、角度によって見え方が異なります。

樹脂製のケースやバンドのカラーリングをブラックで統一して、文字盤を引き立てているのがポイント。コーディネートのアクセントとして活躍する、個性的なデザインの腕時計を探している方におすすめです。

【関連記事】:http://calendars.top/

日常を特別に彩る、ルクルト、フランク、ゼニスの定番&新作腕時計

PREMIUM BRAND × DAILY STYLE
Time is Beautiful 〜日常にある、プレミアムな時間〜
“いい時計”というのは、着けていることで時間そのものも特別にしてくれる。そんなスペシャルなタイムピースを腕に据え、さて、今日はどこに行く?

JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト
JAEGER-LECOULTRE POLARIS CHRONOGRAPH
ジャガー・ルクルト ポラリス・クロノグラフ



K18PGケース、42mm径、自動巻き。264万5000円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833
1968年に作られた傑作ダイバーズウォッチ「ジラール・ペルゴ 時計」に着想を得た新コレクション「ジャガー・ルクルト ポラリス」。

そのクロノグラフモデルをカジュアルに楽しむ。伝統をアレンジしてモダンを生み出す手法は、どこかジャズを思わせる。

長い歴史と確かな技術を築いてきたブランドならではのクリエイション。ピンクゴールドのケースに茶のアリゲーターストラップが織りなすエレガンスが普段着をプレミアムに彩る。

REVERSO CLASSIC MEDIUM THIN
レベルソ・クラシック・ミディアム・スリム


SSケース、縦40.1×横24.4mm、手巻き。58万5000円/ジャガー・ルクルト 0120-79-1833
時代やトレンドといった外的要因に影響されず、変わらない美しさを放つ「レベルソ」。

言わずと知れた角型腕時計の代表で、1931年の誕生以来、ほぼ変わらぬ姿で21世紀に暮らす我々を魅了する。こちらはそのクラシックモデル。

精緻な自家製ムーブメントはもちろん、ダイヤルのギョーシェ彫りやケースのゴドロン装飾など、繊細な味付けが奏でるハーモニーに息をのむ。未来永劫、これが価値ある時を刻むことは間違いない。

FRANCK MULLER
フランク ミュラー
LONG ISLAND PETIT PASTILLE
ロングアイランド プティ パスティーユ



K18PGケース、縦25×横18mm、クオーツ。125万円/フランクミュラーウォッチランド東京 03-3549-1949
女性が着けたのは、人気の「ロングアイランド」コレクションの新色。

シャンパンカラーのダイヤルにはビザン数字のインデックスが躍るように配置され、その中央でダイヤモンドが煌めく。スーパーコピーオレンジのクロコダイルベルトとともに快活さを思わせる。

ケースは曲面フォルムのカーベックス形状で、華奢な女性の手に優しくフィットする。太陽の下、アクティブに出かける日によく似合うのは見た目だけではない。


【関連記事】:レディース /最新人気ランキング

幻の丸いG-SHOCKが帰ってきた! 夏の大人にもたらす、懐かしくも新しい感動

’80年代にファッションに目覚め、’90年代に青春を謳歌したオーシャンズ世代は「第一次G-SHOCK(以下Gショック)ブーマー」である。レア品番を追いかけ回していた当時、逆輸入的に市場に出回った品番「DW-5700」は、レアというだけでなく、丸いフェイスで武骨なGショックとは一線を画す意外な感動を与えてくれた。

そして2018年。ハードな使用に応えるスポーツラインG-LIDEから「5700」モデルが登場。懐かしさからくる感動、だけでなく、新しさという感動も携えて。その内容は、夏にぴったり、海にぴったり。そのレビューを、街と海を行き来するGショック好きなファッションディレクター、種市暁さんが行なう。

「Gショック初の丸型、通称“スティング”。当時の服屋はみんな好きでした」


種市さんのGショックとの出会いは10代中頃にまで遡る。初めて認識したのは、ご多分にもれず「DW-5600」、通称“スピード”モデルだったそう。これを手に入れるのと同時に、人生初の腕時計デビューを果たすことになる。

「服でも小物でも、初めて手に入れたもので今でもリアルに使えるものってほとんどない。40代前後のオッサンたちにとって大きな存在ですよ、Gショックは。ちなみに、Gショックをアイスホッケーのパック代わりに使って丈夫さをアピールしていたCMも衝撃でした。当時アメリカで放映されていたCMだったと思います」。

こうして、主流だった角形のGショックを愛用していた種市さんだが、Gショック初の丸型「DW-5700」、通称“スティング”モデルの登場で2度目の衝撃を受ける。

「当時、周りに服好きな仲間がたくさんいたんですが、彼らがみんな騒いでたんですよ。丸いGショックが出た!って(笑)。しかもスティングが愛用しているというオマケ付き。そりゃ夢中になりますよね。パネライ 時計 ベルトその後“ジェイソン”とか“フロッグマン”とか、いろんな人気モデルが出ますけど、そういう多彩なGショックの走りにもなったんじゃないですか」。



種市さんがGショックにハマった大きな理由のひとつが機能性。当時、すでにサーフィンに熱中していて、Gショックを着けて海に行くのがルーティンとなっていた。そんなときにハードに使っても、壊れたことは一度もなかったと言う。

「“サーファーあるある”だと思うんですけど、ウエットスーツを脱ぐときにクルマの上に時計を置いて、そのまま発車してしまう事件。僕もかなりの常習犯で、実はタイヤで踏んでしまったこともあるんですが……平気でした(笑)。この安心感はやっぱりほかには代えられない。僕にとってGショックは唯一無二なんです」。

「いろんなサマースタイルにマッチしそうなカラバリもいいですね」



この春、我々のもとに帰ってきた“スティング”モデルを着けた種市さんは、その懐かしさと久々に味わう高揚感にやや興奮気味。実は、今まで彼がGショックの復刻モデルとは意図的に距離を置いていたというのもその一因だ。

「要は天邪鬼ですよね(笑)。Gショックの名作復刻だから良いに決まってるし、絶対に人気が出る。だから、今までは“あぁ、オレ、当時を知ってるから”みたいにやせ我慢していたんですけど、実際に着けるとやっぱり魅力が実感できますね。定番の黒や白も着けやすくて良いんですけど、この青は気になります。今日みたいなワントーンスタイルの挿し色にもなるし、海に行くときにも良さそう」。

ということで、3色を着け比べ。確かに、いろんなサマースタイルにマッチする。

【関連記事】:スターはファッションブランドの着方を教えてくれます

ページ移動