記事一覧

まるで世界がひっくり返ったように感じさせるものです

ティル・ベルグリットとヴィンセント・グロッツィンガーはまず最初に、各スペースにおいて視覚面でのシンボルとなる中心的なディテールに取り組みました。ティル・ベルグリットは次のように説明しています。「私たちは、ある中心的な要素についてのアイデアを思いつきました。それは一種の巨大なレンズで、人が通りかかるとそこに映った像が動くことで、まるで世界がひっくり返ったように感じさせるものです。このレンズは独立して配置されますが、そのスペース内の他の作品に対する注目を奪うことはありません。

オメガ新作 シーマスター ダイバー 300M ネクトン エディション 210.32.42.20.01.002

Ref:210.32.42.20.01.002
ケース径:42.00mm
ケース厚:13.66mm
ケース素材:ステンレススティール(ポリッシュ/ブラッシュ仕上げ)
防水性:300m
ストラップ:ブラックラバー
ムーブメント:自動巻き、Cal.8806、毎時25,200振動、55時間パワーリザーブ、35石、COSC認定クロノメーター取得、スイス連邦計量・認定局(METAS)によるマスター クロノメーター取得
仕様:時・分・秒表示、グレード5チタン製の逆回転防止ベゼルにポジティブ レリーフのレーザー加工を施したダイビングスケール、12時位置のドットにホワイトのスーパールミノヴァ(グリーンに発光)、10時位置に円錐形のヘリウムガス エスケープバルブ(特許申請中)、両面無反射コーティングを施したドーム型のサファイアクリスタル製の風防ガラス、ネクトンの潜水艇が描かれたケースバックをナイアードロック(特許取得済み)で固定、ケースバックの周囲に波模様のデザイン、マット仕上げのブラックセラミック製ダイアルにレーザー加工でポリッシュ仕上げのポジティブレリーフでウェーブパターン、インデックスにホワイトのスーパールミノヴァ(ブルーに発光)、ポリッシュ仕上げのスケルトン時・分針にホワイトのスーパールミノヴァ、赤く仕上げたロリポップ秒針のドット部分にホワイトのスーパールミノヴァ(時針と秒針はインデックスと同じくブルーに発光、分針はダイビングベゼルのドットと同じくグリーンに発光)、15,000ガウスの超耐磁性能

注目度NO.1★ウブロ 偽物スピリット オブ ビッグ・バン 42mm トゥールビヨン 645.QN.1117.RX

モデル名 :スピリット オブ ビッグ・バン カーボン ブラック
Ref. :645.QN.1117.RX
ムーブメント :キャリバー HUB6020
手巻きスケルトントゥールビヨウン
ケース素材 :カーボンファイバー×ブラックコンポジット
文字盤 :サファイアクリスタル
ケース径 :42.0 mm
防水 :3気圧
限定 :100本

ブルガリ オートマティック BBW38GLAC4/C5 新品 メンズ

品名 ブルガリブルガリ オートマティック
Bvlgari Bvlgari Automatic
型番 BBW38GLAC4/C5
素材 ケース 18Kホワイトゴールド
ベルト 革
ダイアルカラー グレー
ムーブメント 自動巻き ムーブメント
防水性能 生活防水
サイズ ケース:38 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラス サファイヤクリスタル風防
仕様 曜日表示 ポインターデイト
付属品 ブルガリ純正箱付・国際保証書付
18Kホワイトゴールドケース 針による月、日付表示機能
このレンズは創業170年以上を誇るフランスの陶磁器メーカーによって製作されましたが、極めて難しいプロセスでした。さらにティルは言います。「さまざまな職人たちとの協力も、このプロジェクトにおける重要な部分を占めていました。というのもMB&Fは、このクラフツマンシップによるオブジェを、メゾンの時計と同じようにギャラリーの各所に配置することを望んでいたからです。」

【関連記事】:素材も作りも最高峰。のバッグ、その魅力とは

コメント一覧

されたおしゃれなデザイン URL 2022年03月10日(木)09時56分 編集・削除

京都府の最新ファッションブランド情報

時計新作ニュース発表 URL 2022年03月10日(木)12時33分 編集・削除

ロンドン・パリ・ 東京のファッションスナップ、ファッション特集記事、

シャネル バッグ コピー URL 2022年03月12日(土)16時44分 編集・削除

シャネル バッグ 黒の人気アイテム「メルカリ」でお得に通販、誰でも安心して簡単に売り買いが楽しめるフリマサービスです。

replica handbags URL 2022年05月22日(日)13時24分 編集・削除

ダックスの前のさつき通りを通行止めにし、道いっぱいに広がって清水っ子が踊り歩く光景はいつみても圧巻で