トップ –> イベント –> 富士市のお茶の放射性ヨウ素は、暫定規制値内の数値です。

富士市のお茶の放射性ヨウ素は、暫定規制値内の数値です。

大淵お茶


※富士市役所より転載


5月12日(木曜日)に富士市を含む県東部の3か所から茶葉を採取し、5月13日(金曜日)に静岡県環境放射線監視センターで検査を実施したところ、食品衛生法上の暫定規制値内の数値となりました。
食品衛生法上の暫定規制値内の数値であったため、健康への影響を心配するレベルではないとのことです。

【静岡県東部3か所の測定結果】※富士市役所より転載

●放射性セシウム(単位:Bq/kg)

 

富士市

沼津市

伊豆市

 食品衛生法の規定に基づく

暫定規制値

生葉

83.70

44.23 

98.17 

 500

飲用茶

3.92 

4.57 

8.92 

 200

 

 

●放射性ヨウ素(単位:Bq/kg)

 

富士市

沼津市

伊豆市

食品衛生法の規定に基づく

暫定規制値

生葉

 検出なし

 検出なし

検出なし

 (基準なし)

飲用茶

 検出なし

検出なし 

 検出なし

 300

 

詳しくは、富士市役所のホームページへ>>

富士市のお茶の放射性ヨウ素は、暫定規制値内の数値です。




ページのトップへ

twitter

twitter